文三、文一、猫、文二

文三、文一、猫、文二

文系の中での忙しい順番を表した言葉。

進振りのために好成績が必要な文三は最も忙しく、文二はその対極、猫よりも暇な生活を送っているという意味。とは言え文二の中にも極めて忙しく勉強している学生も多い。

また、理系の忙しさは文系の比ではない。


* 駒場//その他//index::は行